ドローン(UAV)空撮および3D計測

ドローン(UAV)空撮および3D計測

uav01.png

当社ではドローン(UAV)による空撮や計測をおこなっております、ドローンに搭載されるカメラの性能が飛躍的に向上したおかげで従来では高画素写真や4K映像撮影には大型ドローン(写真のドローンはペイロード9kg)でないと対応が難しかったのが小型機によるフットワークの軽い対応が可能になりぐっと空撮の基本料金が下がりました。

 
当社ではphantom4 Pro とインスパイア2(Zenmuse X5S仕様)の2機での対応をしております。撮影シーンや対象により使い分けをおこなって対応いたします。

1.ドローン空撮について


uav02.jpg


uav100.jpg


インスパイアはより運動性能が高く、停止した状態からの時速80kmまでわずか5秒で加速、最高速は時速90km
に達しますのでよりクオリティの高い映像をお求めの場合やより細かなカメラワークをご希望の場合に向いています。
基本オペレーションは2人ですがインテリジェントフライトの活用によりワンマンオペレーションも可能です。


uav101.jpg


 
 
・両機体とも第三者責任賠償保険加入済(対人5億円・対物1億円)
・天候判断等気象状況や撮影地に関して打合せ有り。
・撮影予定日プラス予備日設定(別料金¥20,000/日)をもうけます。
・撮影可能風速=地上風速5km以下、地上風速により限界高度を設定する場合があります。
・イベント撮影(結婚式含む)には事前打ち合わせが必要(電波含む飛行環境など)です。
・人物・建物(施設や民家)の上空は許可が必要です。
・天候不良(強風・雨天・霧による視界不良・雪)によるキャンセル費用は発生しません。
・お客さまによるキャンセルは費用請求させていただきます。


 

各種オプション

以下の場合オプションが発生する場合があります。
 
1飛行プランとして難易度が高い 
2.水上(海・川・湖)山間部等(平坦部がない場合)
3.操縦士から機体までの距離50m以上の場合
4.基本生データ渡しですが編集作業等発生の場合は\30,000-/日が発生します。


 

2.ドローン計測について

空中三角測量手法に則ってドローンで3D計測をおこないます。国土交通省のマニュアルに準拠した手法でおこないます。
基本はドローン計測のみの対応ですが当社FounderのDukeは3Dデータの取扱い経験は10年以上に及びますので細かな計測プランに対応もさせていただきます。
 
ドローンが苦手とする崖壁などもレーザスキャナとのハイブリッド計測などもプランニングさせていただき、必要があれば技術提案書なども作成をいたします。ドローンと3Dデータと空中三角測量のすべてを知り尽くした当社にお任せください。
 
またドローン搭載のカメラではなくレーザスキャナを搭載して計測する手法もありますのでご相談ください。
 

uav03.jpg

 


uav200.jpg


*計測箇所の広さにより上記日数は変化いたします、計測依頼があった時に業務情報をご提供いただき
 お見積もりに反映させます。

 

*phantom4のメーカVTRはこちら
 

 

*インスパイア2のメーカVTRはこちら
 


 

Copyright © 2017 3dvr-international.net all right reserved.